23152円,/fustianize1947729.html,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略・管理,hrsol.es,「GE〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書,〔企業別動向予測シリーズ〕 〔企業別動向予測シリーズ〕 割引も実施中 GE〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 23152円 〔企業別動向予測シリーズ〕 「GE〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略・管理 23152円 〔企業別動向予測シリーズ〕 「GE〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略・管理 〔企業別動向予測シリーズ〕 割引も実施中 GE〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 23152円,/fustianize1947729.html,本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略・管理,hrsol.es,「GE〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書,〔企業別動向予測シリーズ〕

〔企業別動向予測シリーズ〕 割引も実施中 GE〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 買い取り

〔企業別動向予測シリーズ〕 「GE〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書

23152円

〔企業別動向予測シリーズ〕 「GE〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書



■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2013年4月30日
■資料体裁:A4版、131頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86483-213-7




★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス


■本誌の特徴等
1.調査目的
 世界最大のコングロマリット(複合企業)であり、売上高世界第二位のメーカーであるGE(General Electric)について、特許件数、発明者、特許分類、事業分野などに対し、時系列推移、技術分布、技術相関など様々な観点から分析したパテントマップ及びパテントチャートを作成し、
  (1) GEがどのような技術を保有しているか、
  (2) GEの技術開発動向はどのように推移しているか、
  (3) GEの事業・製品分野で最近注目すべきものは何なのか、
  (4) GEと共同出願人との連携状況どのようになっているか
等、GEの知財の現状を可視化して、今後の技術開発の参考に供する。
 
2.特許情報の収集方法
本調査報告書は、GEの過去10年間(米国内公開日2003年1月1日~2012年12月31日)に及ぶ米国特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立システムズ)および「特許情報提供サービス Sharereseach」((株)日立製作所)を使用し、検索・収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は15,211件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、次の3章から構成されている。
1.パテントマップ編
  A.技術開発成果(特許取得の推移)
  B. 技術開発リソース(発明者の活動状況)
  C. 技術開発分野(特許分類分析)
  D. 主要3事業分野(特許状況分析)
    ※ 下記主要3事業分野について分析を行った。
    (1) ENERGY INFRASTRUCTURE(Gas Turbine, Generator, Nuclear Power等グループ化)
    (2) AVIATION(Aircraft, Jet Engine, Avionicsをグループ化)
    (3) HEALTHCARE(Healthcare, Medical Imaging Equipment等グループ化)

  E. 他社連携(共同出願人分析)

2.パテントチャート編

3.総括コメント

● GEに関する技術動向が分かりやすく把握できる
● GEの重点事業分野の特許動向が読み取れる
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい



はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編

A.技術開発成果(特許取得の推移)

 1.特許件数の推移(年次、累計)

B.技術開発リソース(発明者の活動状況)

 B-1 発明者数
 B-1.1.発明者数の推移(年次)
 B-1.2.発明者数の推移(累計)
 B-1.3.新規発明者数の推移(年次)
 B-1.4.新規発明者数の推移(累計)
 B-2 発明者別特許件数
 B-2.1.発明者別特許件数ランキング(上位50)
 B-2.2.発明者別特許件数シェア(上位50)
 B-2.3.発明者別特許件数の伸長率(上位50)
 B-3 発明者活動実態
 B-3.1.発明者別登場・退場状況(上位40)
 B-3.2.発明者別登場・退場状況(最近40、3件以上)
 B-3.3.発明者別新規米国特許クラス分類数の推移(上位10)
 B-3.4.発明者別新規米国特許サブクラス分類数の推移(上位10)
 B-3.5.発明者別新規キーワード数の推移(上位10)
 B-3.6.特許件数1位発明者の研究開発ライフサイクル
 B-3.7.特許件数2位発明者の研究開発ライフサイクル
 B-3.8.1.特許件数3位発明者の研究開発ライフサイクル
 B-3.8.2.特許件数3位発明者の研究開発ライフサイクル
 B-3.9..発明者の研究開発ポジション
 B-3.10.. 発明者(上位10)と米国特許クラス分類(上位10)の相関
 B-3.11.. 発明者(上位10)と米国特許サブクラス分類(上位10)の相関

C. 技術開発分野(特許分類分析)

 C-1 米国特許分類数
 C-1.1.新規クラス分類数の推移(年次)
 C-1.2.新規クラス分類数の推移(累計)
 C-1.3.新規サブクラス分類数の推移(年次)
 C-1.4.新規サブクラス分類数の推移(累計)
  ・   ・
  ・   ・
 C-4 米国特許分類別展開
 C-4.1.クラス分類別出現・消失状況(上位40)
 C-4.2.クラス分類別出現・消失状況(最近40)
 C-4.3.サブクラス分類別出現・消失状況(上位40)
 C-4.4.サブクラス分類別出現・消失状況(最近40)
 C-4.5.クラス分類の勢力図(上位10)
 C-4.6.サブクラス分類の勢力図(上位10)

D.主要3事業分野(ENERGY INFRASTRUCTURE、AVIATION、HEALTHCARE)

 D-1 主要3事業分野 特許件数の推移
 D-1.1.主要3事業分野 特許件数推移の比較(年次)
 D-1.2.ENERGY INFRASTRUCTURE分野 特許件数の推移(年次、累計)
 D-1.3.AVIATION分野 特許件数の推移(年次、累計)
 D-1.4.HEALTHCARE分野 特許件数の推移(年次、累計)
 D-2 各事業分野 製品別特許件数の推移
  ・   ・
  ・   ・
 D-7 各事業分野 製品群と米国特許分類相関
 D-7.1.ENERGY INFRASTRUCTURE分野 製品群と米国特許サブクラス分類(上位10)の相関  
 D-7.2.AVIATION分野 製品群と米国特許サブクラス分類(上位10)の相関
 D-7.3.HEALTHCARE分野 製品群と米国特許サブクラス分類(上位10)の相関
 D-8 各事業分野 出願人別特許件数
 D-8.1.ENERGY INFRASTRUCTURE分野 出願人別特許件数ランキング                                          
 D-8.2.AVIATION分野 出願人別特許件数ランキング
 D-8.3.HEALTHCARE分野 出願人別特許件数ランキング

E. 他社連携(共同出願人分析)

 E-1.共同出願人連携状況
 E-2.共同出願人別発明者数ランキング(上位50)
 E-3.共同出願人の特許件数シェア(上位20)
  ・   ・
  ・   ・
 E-6.共同出願人別参入・撤退状況(最近20)
 E-7.共同出願人別特許件数の推移(特許件数上位20、年次)
 E-8.共同出願人別新規クラス分類数の推移(特許件数上位20、年次)
 E-9.共同出願人(上位20)とクラス分類(上位20)の特許件数相関

2. パテントチャート編

 F-1.共同出願人 The Board of Trustees of The Leland Stanford Junior University の時系列チャート分析
 F-2.共同出願人 Sra Jasbir S. の時系列チャート分析
 F-3.共同出願人 Purdue Research Foundation およびThe University of Notre Dame du Lacの時系列チャート分析
 F-4.共同出願人The Board of Trustees of the Leland Stanford Junior University の上位3サブクラス分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析
 F-5.共同出願人Sra Jasbir S. の上位3サブクラス分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析
 F-6.共同出願人Purdue Research Foundation およびThe University of Notre Dame du Lacの上位3サブクラス分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析

3. 総括コメント

<参考資料>
【資料1】出願人統合リスト
【資料2】発明者統合リスト
【資料3】主要3事業分野グループ化リスト









〔企業別動向予測シリーズ〕 「GE〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書

スポンサーリンク
ルール

バスケは1チーム何人?カテゴリーやリーグによる人数の違いについて解説

メジャーなチームスポーツの中でも、最もと言っていいほど少ない人数で行われるスポーツがバスケットボールです。出場は5人というのは結構知られていることですが、ベンチも含めて1チーム何人かなどは、なかなか知られていません。そこで今回は、FIBA公式ルールや日本国内のローカル大会、そして各種プロリーグでの1チームは何人の登録なのかをご紹介します。
ライフスタイル

バスケが題材になっているオススメ映画20選!ポイントやあらすじなどを解説します

バスケットボールの魅力は、プロなどの上手い選手たちの華麗なプレーを見るだけではありません。勝利に向かう姿や人間としての成長、そして仲間との絆など、試合では見ることができない「それまでの道のり」にこそ、本当の魅力があると言えるでしょう。それを手軽に味わえ、感動を得られるのが、映画です。今回は、バスケを題材にしたオススメ映画20選とそれぞれのポイントについてご紹介します。
ルール

バスケのペイントエリアとは何?ペイントエリアを使った言葉についても解説

バスケットボールの観戦を始めると、「ペイントエリア」という単語がよく出てきます。なかなか初心者にとっては、聞き慣れない言葉かと思いますので今回は「ペイントエリア」の意味と使い方をご紹介します。この記事を読むと、ペイントエリアとは何なのか?ペイントエリアが関連する言葉の使い方やパターンを知ることができます。
代表チーム

【2021年8月31日更新】男子バスケの強豪国はどこ?東京五輪を踏まえたFIBAランキングを紹介

東京オリンピックを終え、世界ランキングにあたるFIBAランキングに変動がありました。オリンピックでメダル獲得国、ブレイクした国、そして日本代表は何位なのでしょうか?最新で更新されたランキングでご紹介します。
車椅子バスケ

車いすバスケの車いすの値段はいくら?日常用と何が違う?

車いすバスケットボールが盛り上がる日本。気になるのが、「車いすバスケットボール用の車いすっていくら・・・?」です。この記事では、車いすバスケットボール用の車いすの価格感と日常用との違い、そして車いすバスケを実際にやってみた感覚をご紹介します。
Bリーグ

Bリーグのスポンサー企業はどこ?スポンサーになるにはいくらかかる?

ますます盛り上がりをみせるBリーグ。どんな企業がスポンサーになっているのか?そもそもどれくらい支払うとスポンサーになれるのか?についてはあまり語られることはありませんので、今回は、スポンサー企業とスポンサーになるために必要な金額についてご紹介したいと思います。
Bリーグ

Bリーグの平均身長はどれくらい?最高身長・最低身長は誰?について解説

バスケットボールという競技において、有利不利を分ける大きなポイントは「身長」です。身長が大きければ必ず勝てるという競技ではありませんが、大きな選手の方が有利なのは誰が見ても明らかでしょう。では、プロバスケットボール選手はどれくらい大きいのか?国内のBリーグの選手のデータを元に、平均身長や最高・最低身長などを解説します。
ライフスタイル

バスケ部に入部するには?手続きや用意するもの・あるあるなどご紹介

これからバスケ部に入るというタイミングでは、何が必要なのか、どんなことが待っているのかなど不安も多いでしょう。今回は、そんな超バスケ初心者でもバスケ部に入っていけるように、準備するものやあるあるなどをご紹介します。
豆知識

バスケのウイングとは?ポジションと役割を徹底解説

バスケットボールのポジションは主に、ガード・フォワード・センターの3つであり、ガードがポイントガード・シューティングガード、フォワードがスモールフォワード・パワーフォワードの2つずつに別れて5つが詳細にみた際のポジションとなります。しかし、最近のバスケ界では「ウイングの選手」という言い方で示される選手が出てきました。今回はバスケットボールにおける「ウイング」のポジションと役割について解説します。
Wリーグ

バスケのWリーグとは?全員プロ?女子バスケのトップリーグの概要紹介

男子のBリーグに対して、あまり知られていないのが、女子の国内トップリーグであるWリーグです。Wリーグの概要や、選手はプロなのかなど初心者でもわかりやすいように概要をご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました